読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

is Neet

ネトゲしながら暮したい

【メモ】行動原理について

概ね全ての行動原理は快楽回路の刺激に帰結するように思う。
人間は快楽回路の直接的な刺激を自己完結できないからこそ、行動を起こすのだ多分。
そして現代社会において金は、行動と快楽回路の刺激を仲介する役割を果たす。
行動し、金を得て、金を使い、多様な快楽を無限に満たそうとするのだ。
短絡的に快楽を満たそうとする者もいれば、より大きなリターンを得ようと長い時間行動だけを繰り返し、その先にあるであろう目が眩んでしまうような巨大なカタルシスを信じて生きる者もいる。

そうすると演繹的に考えれば、全ての行動は即物的だと言い換えることも出来る。
でも、本当にそうなのだろうか。
自分の中にある、音楽や絵やプログラミングに対する創造性への動機も、即物的なところに帰結するのだろうか。
今はそんな事ないような気がしているけれど、正直分からない。
恐らく後天的に大金を手に入れてしまった場合(大金に対する免疫が無い場合)、人はよりプリミティブな快楽に溺れてしまうのではないかと思う。
その先に待ち受ける心情は分からないけど、それを想像する事は自分の中にある創造性の動機と無関係ではないように思う。
そう思う時点で、自分の創造性は即物的ではないという思いあがりがあるのだろうけど。